2017年7月26日水曜日

小中学校給食棟消毒作業

門真市環境対策課は、春休みと夏休みに、小中学校給食棟の消毒作業を行っています。
3日間の日程で、全小中学校をまわります。スミチオン薬剤を散布し、ゴキブリ駆除を行います。排水溝、調理台の下や隙間などは特に念入りに。
安心・安全が最優先で求められる子どもたちの大事な給食を、衛生面でもしっかりバックアップしていく、地道でたいせつな作業だと思います。
写真は、はすはな中学校での作業中をパチリ。おつかれさまでした(*^_^*)




2017年7月14日金曜日

【経済】技フェスタ2017

本日午後は、鶴見緑地公園で開催中の、「技フェスタ2017」へ。
大阪府建団連が主催するこの催しでは、建築・土木の仕事のそれぞれの作業の技能の一端が、各ブースで体験できます。工作やものづくりが大好きな、大人も子どもも楽しめる、盛りだくさんの内容です。
門真市からも、専門技能を持ったスペシャリストが集結。そして、都島工業高校など、専門的な学校の学生さんも多数参加しています。
動物保護団体も、協力出展していて、かわいいワンちゃんがお出迎え。
建築、土木分野を目指す、若い人や学生さんはもちろん、子どもたちにもぜひ楽しんでほしいイベントです。
建設業には、とても多くの細分化された行程があり、それぞれにスペシャリストが携わって、一つの建物がつくられて、完成していくのだということが、よくわかる催しです。
技術職人のまち、門真市。
地域経済のますますの活性化のためにも、門真市そして大阪全体の、職人魂あふれるすばらしい技能を、ぜひ多くの皆さまにご覧いただきたいと思います。
明日は16時まで

ほんま、めっちゃすごいで!(*^_^*)


















【教育】門真四中 喫煙防止教育 出前授業

本日午前は、門真市第四中学校にて、喫煙防止教育 出前授業が行われました。
学校教育課と守口保健所が連携し、門真ロータリークラブが社会奉仕活動として協力して、三年生を対象に授業実施の運びとなりました。
講師は、NPO法人京都禁煙推進研究会 内科医の土井たかし先生。
生徒達に、「今日は、20才になったとして、タバコを吸うことを、選ぶのかどうかを考える時間です。」と呼びかけ、「タバコって、一体何だろう? 」をテーマに、タバコについて、たいへん詳しく、ご説明くださいました。
含まれる有害物質の量、外国のタバコのパッケージに掲載が義務付けされている、こわい写真の数々、なぜタバコが やめられないのかについて、などなど、豊富な現物展示と、大人にも子どもにもわかりやすい解説で、タバコについて、とてもよく理解できました。
大阪大学の、公衆衛生看護実習生の皆さんも、保健師課程の実習として、授業の補佐をつとめてくださいました。
私が6月議会の一般質問で質した、受動喫煙問題についても解説がありました。日本の受動喫煙対策は、世界最低レベルであり、ロシアや中国などは、オリンピックを契機に公共の場及び飲食店は全面禁煙になったとのこと。主流煙よりも、副流煙の方が、有害物質の濃度は高い。
タバコは、中脳に作用して、やめられなくなるのであり、やめられないのは意志が弱いとかだらしないということには当たらないとのこと。

「卒煙のコツ あいうえお」
あかるく、やめよう!
いっきに、やめよう!
うごいて、やめよう!
えんを結んで、やめよう!
おきあがりこぼしで、やめよう!

あかるく→卒煙すれば、いいことばかり♫
いっきに→中途半端に本数を減らすと、かえって深く吸ってしまう
うごいて→身体を動かしたり、水を少しずつ飲むなど
えんを結んで→ひとりで頑張らず、周りの人に助けてもらいながら
おきあがりこぼしで→何回か失敗しても、気にしない。失敗は、成功の元。

WHOでは、タバコ規制枠組み条約が制定され、日本も2004年に批准していますが、実際の取り組みは遅れています。
タバコ代として支払っているお金は、タバコ販売会社、広告会社、マスコミ、国へと流れていきます。タバコの健康被害と依存性を考えれば、吸っている人こそが、最大の犠牲者である。

授業を終えて、子ども達が作った川柳を一部ご紹介します

卒業だ こんなきたない タバコから
吸うならね 周りの人を 巻き込むな
ガンになる 自分のために 禁煙だ
やめましょう 体に悪い 死んじゃうよ
やめればね いいことたくさん 待ってるよ

最後に、土井たかし先生がおっしゃったのは、
「物事の本質をつかむ力は、自分自身でつけていかなければならない。」
まさに、その通りであると、私も考えます。

本日の授業は、とても有意義でした。子どもも、大人も、物事の本質を、自ら考えて、しっかりとつかんでいきたいものです。
















2017年7月4日火曜日

社会を明るくする運動

本日は、「社会を明るくする運動」の啓発活動として、大和田駅頭にて、ティッシュと絆創膏の配布をいたしました。

社会を明るくする運動は、「社明運動」とも呼ばれ、犯罪の罪をつぐなった人が更正し社会復帰することへの理解を深め、地域の力で立ち直りを支えながら、犯罪や非行のない明るい社会をみんなでつくっていきましょう、という運動です。全国的な活動で、今年で67年目となります。

門真市においても、市の担当課をはじめ、保護司会、門真ロータリークラブなど各種協力団体から約40人の皆さまが集結し、一斉に啓発活動を実施しました。

活動終了後、民生委員児童委員協議会の川西会長は、ごあいさつの中で、このようにおっしゃいました。「住まいがあれば明日を信じることができ、仕事があれば自分を信じることができます。」

立ち直りを決意した人を、「おかえり。」と迎え、一緒に支えていく地域のチカラを育てていくことが、明るいまちづくりにつながるとおもいます(*^_^*)



2017年6月26日月曜日

門真市まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会

本日は、門真市まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会が開かれ、傍聴しました。

議事内容は、平成27年度より5年計画の門真市まち・ひと・しごと創生総合戦略のここまでの実績の検証と、昨年度の方創生加速化交付金に係る事業の効果検証の2件について。

この総合戦略は、4つの基本目標が掲げられています。
【基本目標1】 若い世代における出産・子育ての希望の実現
【基本目標2】 地域の魅力を向上し、選ばれるまちへ
【基本目標3】 産業の振興と女性が活躍できる場の創出
【基本目標4】 住んで、幸せを実感できるまちづくり 

これらの目標実現に向けて、数値目標と施策ごとのKPI(重要業績評価指数)が定められ、年に最低1回以上検証していくことになっており、本日がその検証のための審議会でした。

たとえば、一つ、例をあげますと、
基本目標4の中で、「市民の幸福実感」の数値目標は、
基準値(平成26年度) 5.74/10段階評価 に対して、
27年度実績値は5.76 (前年比+0.02)
28年度実績値は5.72 (前年比△0.04)
という具合です。ちなみに、この項目の目標値(平成31年度)は、6.00です。

門真市民の幸福実感、6割といわず、もっと高みを目指したいところではありますが、まずは目標を上回るように。住んでいる皆さまが、楽しく穏やかに、笑顔で過ごせる日々が増えるように。門真の子ども達の未来が、きらきらと輝いているように。それぞれにできることがありますので、私もがんばってまいります!(*^_^*)

2017年6月23日金曜日

【経済】門真納税協会 女性部会設立決起大会

本日夕方からは、門真納税協会 女性部会設立決起大会 に出席しました。

《女性部会 設立趣旨》
女性部会は、我が国最大の潜在力である「女性の力」を最大限発揮できる社会を目指す国の方針もあり、女性が活躍できる場として、現在の時代感覚に合致することや、また当協会としても女性部会の活動は地域づくり・活性化に必要不可欠な事であり、女性部会が活躍できる協会づくりを目指して「女性部会」を設立いたします。

門真納税協会女性部会は、4市(守口市、大東市、四條畷市、門真市)より19名の女性が集まり、船出をいたしました。

これから、女の人ならではの、やわらかい包容力と、しなやかな感性を活かしながら、にぎやかに活動が始まることが楽しみです。税についての広報活動、租税教室の実施など、少しずつ取り組んでまいります。(*^_^*)

【議会】一般質問 答弁要旨

昨日、門真市議会は第2回定例会を閉会しました。

最終日に行った、一般質問の答弁要旨をお知らせします。

【1 受動喫煙対策について】

Q 受動喫煙による、健康への影響、特に影響が深刻と言われる小さな子どもたちへの影響について市の認識は?
A 子どもにおいては、呼吸器症状、喘息の重篤化、乳幼児突然死症候群などをまねくと言われている。低体重児出生のリスクが1.4倍。本市では、28年度から、妊娠届け時の全数面接において、禁煙指導を徹底し、妊娠後期、出産直後にも電話等で指導を行っている。

Q 公共施設における受動喫煙対策は?
A 多数の市民、子どもが利用し、職員が働く職場でもある公共施設では、率先して受動喫煙対策を講じる必要がある。ほとんどの施設において、敷地内禁煙もしくは建物内禁煙を実施しているが今後建物内禁煙の完全実施を進める。

Q 受動喫煙防止、喫煙マナーの向上、美しいまちづくりのために、路上喫煙の制限についての条例制定は
A 路上喫煙は、受動喫煙の影響、ケガにつながる危険、まちの環境美化を損なう。門真市うつくしいまちづくり条例において、ポイ捨て禁止を規定している。より有効な形での条例の早期制定に向け鋭意取組んでいく。
 
【2  老人クラブの活動支援について】

Q 門真市の老人クラブの現況は?
A 平成29年4月現在、128クラブ、7,468人で、友愛訪問や清掃奉仕、地域見守り活動、連合会では健康づくりや介護予防支援事業など、地域における福祉の向上に大きな役割を担っていただいている。
 
Q 老人クラブ活動の為の補助金の継続や増額についての考えは?
A 事業補助として平成28年度は747万円を交付。その3分の2が大阪府在宅高齢者福祉対策補助金。市長会を通じて同補助金の拡充を求めており、引き続き要望していく。必要に応じ十分な調整を図っていきたい。
 
Q 補助金以外の、市としての支援は?
A 「歩こうよ・歩こうね運動」の推進など、団体の自主的な活動を阻害せず必要に応じたさまざまな支援を行っている。引き続き、市と老人クラブとのパートナーシップを強めていきたい。
 
【3  小中学校のトイレの洋式化について】
 
Q 現在の門真市の洋式化率は?
A 平成29年度4月現在で小中学校合わせて43.4%。

Q 門真市政はこれまで先駆的に学校施設改修に取り組んできた実績があるが、学校トイレ洋式化改修についての市の考えは?
A 保護者の方々のご意見もお聞きし、トイレそのものの老朽化が進んでいることから、抜本的な改修と併せて洋式化する必要性は高いと考えている。学校とのヒアリング等を実施しながら効率的な改修方法の調査・検討を進めていきたい。
 
【4  薫蓋樟など文化財の保存について】

Q 
市の文化財保存に対する考えは?
A 文化財の保護・保存に努めることは市の責務。歴史資料館において展示会や講演会を開催している。





Q 三島神社境内の、国指定の天然記念物、薫蓋樟の保存については?
A 数ある文化財の中でも、たいへん貴重なもの。毎年保存会が主催される懇談会に出席し、保護・保存につとめてきた。今後も、保存会の皆さま方とともに、薫蓋樟を次の世代へ確実につなげていくことができるよう、情報を共有し保存に努めていきたい。

Q 文化財保護条例について進捗状況は?
A 現在歴史資料館が所蔵する古文書や出土品などの調査・整理を行っている。条例制定に向けた環境整備を進めていく。