2017年9月6日水曜日

【経済】イタリア大使館での IVECO社 プレス発表

本日は、イタリア大使館にて、IVECO社が日本市場へ進出するプレス発表と、レセプションパーティが開催され、出席いたしました。
欧州自動車業界は今、脱ディーゼル、脱ガソリンへと、大転換期を迎えています。イタリアのフィアットの関連会社でトラックなどを製造しているIVECO社が、日本市場に天然ガストラックで参入しようという本日の記者会見。多くのプレスと天然ガス車の関係者などが一堂に会し、イタリア大使館公邸の中は熱気に包まれていました。
ジョルジョ・スタラーチェ 駐日イタリア大使さま、IVECO社 ピエール・ラウッテ社長さま、東京工業大学特命教授 柏木孝夫先生、初代の国土強靭化担当大臣の衆議院議員 古屋圭司先生ほか、多くの関係者の皆さまにご挨拶させていただきました。
また、18年前エコトラック設立時に、CIロゴマークを快くつくってくださった、建築家 笹森則次先生もお越しになっておられ、あらためて感謝の思いをお伝えすることができました(*^_^*)

【教育・子育て】子どもの生活リズム 前橋明先生ご講演

本日は、守口市議会議員 水原慶明先生のお取り計らいで、早稲田大学教授 医学博士 前橋 明先生、(アシスタント ノートルダム女子大学 石井浩子先生 )によるご講演「今日から始めよう、子どもの生活リズム向上作戦」を拝聴しました。以下講演メモです。


【近年の子ども達の特徴】

小学6年生、中学3年生に行なった朝の会でのアンケート、子ども達の「ねむい」「全身がだるい」「横になりたい」の声…

テレビ、ビデオ、スマホ など、電子機器を使う時間は3時間を超えている。

電子機器は、平面画面。子ども達は空間の認知能力に弱い。怪我や事故につながる。

ジャングルジムなど空間認知能力を育てる遊具で遊ばせ、集団遊びのおもしろさを伝えたい。

【子ども達の生活リズムについて】

深夜、居酒屋に、幼い子どもがいる。国家的な危機である。

何がいいのか悪いのかしっかり考えよう。


◇何時に起きる?

人間の脳はウオーミングアップに2時間かかる。

活動の2時間前に起きる。幼稚園が9時からなら7時までに起きよう。


何時間寝たらいいの?

睡眠時間別、早寝早起き、遅寝遅起き、両手握力値を比較。

「早寝早起きの10時間睡眠」が、ダントツに良い結果。9時間未満が、一番悪い結果。

良い子のみんな。。夜は遅くても9時までには寝ようね


◇短時間睡眠児の特徴

注意集中が困難

イライラする

じっとしていられない

歩き回る


◇睡眠の機能

疲労回復

大脳の情報処理能力回復

記憶を整理して定着させる学力を高めるには睡眠をおろそかにしてはダメ。


◇朝ごはん

朝食欠食児いらいら、集中力なし

朝ウンチの子ども達のパフォーマンスが高い。朝昼晩しっかり食べる 、野菜 食物繊維 時間的ゆとり 運動 。

『早寝早起き朝ごはん朝ウンチ』


◇子ども達の体温

生活の中で、体温が上がると、元気になる。本来のリズムは、

深夜 メラトニン (成長ホルモン )クールダウン

明け方 βエンドルフィン コルチゾール ウォーミングアップ

放課後の時間帯 いちばん体温高く、いちばんよく動ける  


遅寝遅起きは、体温のリズムのグラフが右にずれる。体温が低いまま登園、午前中、アップできない。生理的な体の仕組みを知らないと、学力アップできない


◇自律神経

生活リズムを大切にしないと中高生になってホルモンの分泌リズムが乱れる

自律神経機能の低下

学力低下、体力低下、不登校、暴力行為


自律神経を鍛えるためには

早寝早起き朝ごはん運動  汗かくぐらいの運動の徹底普及 親子体操


◇幼児の運動

力はあるけど運動のできない子が多い。 運動スキルを磨く

運動スキル

  移動系スキル  走る、はう、潜る

  操作系スキル  投げる、打つ、なわとび、ボール蹴り

  平衡系スキル   はしごの上を歩く、平均台

  非運動系スキル ぶらさがり、押す、引く


以上です。

「早寝早起き朝ごはん」が推奨される根拠となるデータをお示しいただき、幼児教育、保育の現場として、具体的に取り組むべきヒントをたくさん教えていただきました。これらを、教育行政の場で活かし、プラスの結果を出していくためには、どのような施策が有効なのか、文教こども常任委員を仰せつかっている私としても、理事者の皆さんと前向きな議論を重ねているところです。子ども達の未来輝く門真を目指して、頑張ってまいります(*^_^*)






















2017年9月2日土曜日

歯科健康展

本日午後は、歯科健康展が行われている保健福祉センターへ。
門真市と、門真市 歯科医師会、医師会、薬剤師会、そして関係各種団体の皆さまが加わり、盛大に開催されています。
子ども向けのフッ素塗布やブラッシング指導コーナーは大人気!
大人向けの歯科相談や健康相談、歯科成人検診、歯科技工物の展示コーナーも。
1階では、食育ボランティアの皆さまの「野菜目ばかりコーナー(1日の適量350グラムを目視で当てる)」やお味噌汁の塩分試飲。また、薬剤師会の皆さまの、禁煙推進啓発コーナー、お薬相談も。
子どもたちの喜ぶゲームもたくさんあり、みんなの大好きなガラスケも登場!
少子超高齢化社会の現在において、健康は市民の皆さまの最大の関心事の一つです。子どもから大人まで、楽しく健康について学べる、素晴らしいイベントが、歯科健康展です。
関係者の皆さま、ありがとうございました(*^_^*)

【環境】「キラッと!かどま2017」

本日は「キラッと!かどま2017」市内統一清掃が行われました。
各種団体、地元企業など、市民の皆さま約200名が参加。市の担当職員に、市職員ボランティアも加わり、各班に分かれて市内の清掃と啓発活動を行いました。
この事業は門真市と門真市美しいまちづくり推進協議会が共催し、毎年実施しています。市と企業と市民の協働で運営している門真エコネットワーク連絡会に所属する地元企業(パナソニックさん、天辻鋼球製作所さん、エコトラック、他)も、毎年参加しています。
清掃活動を通して感じるのは、まちの景観を美しくすることを望んでいる人の多さです。実に多くの市民が、ボランティア清掃活動に集まり、熱心に掃除をしておられます。
清掃活動の効果は、衛生面はもちろん、安全面、防災面においても大きく、見逃せないものです。本日はイベントですが、普段から市民のボランティア清掃活動は、各地域でそれぞれ活発に、実施されています。
まちの景観を美しくするためには、公共施設や道路、水路、公園の整備など、多額の予算を必要とするものも多くあります。それらもとても重要ですが、並行して、市民の皆さまの清掃活動のような地道で真面目な取り組みを大事にサポートすることが求められると考えます。
暑い中、今年もおつかれさまでした(*^_^*)














2017年8月29日火曜日

行政調査「秋田市」の教育

三日間の行程を組み東北に行政調査に行かせていただきました。
【秋田市教育の目指す姿】
平成20年に第1次秋田市教育ビジョンを策定。5年ごとであったが、人口減少、地方創生の推進のための総合計画に合わせて、一年前倒しにして、今年第3次教育ビジョンを策定したばかり。
目指す姿は「郷土あきたの明日を拓く『自立と共生』の人づくり」。具体的目標は、
1 徳・知・体
2 安全安心快適な教育環境
3 社会教育の充実

徳とは、豊かな心。
知とは確かな学力。
体とは健やかな体。
この3つをバランスよく育むことが第一の目標。中でも、「徳」が自立と共生のための原動力であり、もっとも重要視している。

【秋田の教育について思うこと】
今回の視察では、秋田の教育を知ることを私は目的としていました。
すでにご承知の通り、全国学力・学習状況調査において、秋田市は常にトップクラスに位置し、そこに門真市として学ぶべきことが大いにあるのではないか、と思うからです。
1日だけの視察では限られた情報でありますが、私が個人的に感じたところを以下にまとめます。
〈生活習慣〉
いわゆる「早寝早起き朝ごはん」が、秋田は全国平均に比べて、高い。規則正しい生活習慣が、集中力を高めている根本的な鍵なのではないかと思う。
〈学校と家庭と地域の連携〉
市教委の調査で、「学校と家庭が協力し合う機会の充実」が「成果をあげている」と答えた学校は、小中学ともに100パーセント。「学校と地域のつながり」についても、小学校100%中学校95.7%。要するに、学校と、家庭と、地域の信頼関係が、皆さんの力で大切にされている、ということだと思う。
〈家庭学習〉
説明していただいた指導主事の先生の口から何度も「家庭学習は当たり前」という言葉が聞かれた。宿題以外の家庭学習(予習復習を含む自学自習ノート)をすることは、「当たり前」。子ども達の親の世代も、当たり前のこととしてやってきたし、その親の世代も当たり前。学校から帰ったら、宿題と自学自習をすることは、「当たり前」なのである。
〈落ち着き〉
秋田市、仙台市の両方で感じたのは街全体が落ち着いているということ。駅前を歩いている人、レストランで食事をしている親子連れ、街中を走る車のドライバー、皆さん落ち付きがあり、大声で騒いでるのは他所から来た観光客、であった。
〈教育にかける情熱〉
学力・学習状況調査について、秋田市教育委員会は、詳しく結果を分析し、より良い成果を導く指導のための、教員の手引きとなる冊子を作成していた。すなわち、教員は子ども達のために、教育委員会はその教員達をサポートするために、適切な指導を行おうという、教育にかける情熱を見た思いがする。家庭では家庭学習が当たり前のものとして行われ、地域や保護者と学校は連携し、結果として落ち着いた学習環境があり、教員教委ともに子ども達の教育のために情熱を注いでいる。その環境が脈々と受け継がれてきたことで、毎年好成績を残せているのではないかと思います。

以上、私の感じたところです。
このブログ原稿を書いている最中に、今年度の学力・学習状況調査結果が公表され、それについて門真市教育委員会のほうと議論いたしました。
子ども達の学習環境を整え、質の高い教育指導を行い、結果として門真の子どもたちの将来の仕事の選択肢を拡げ、大いに活躍できる場へと送り出すことを
真剣に目指せば、学力調査の結果向上もついてくるでしょうし、貧困の連鎖も断ち切ることができる。
議会において引き続き、教育向上につき、情熱をかけて取り組んでまいります。
















2017年8月20日日曜日

松下記念病院 オープンホスピタル

門真市のお隣、守口市にある、松下記念病院・はーとぴあ さんにおきまして、「見せます 医療の現場 みんなの松下記念病院」と題して、オープンホスピタルが行われました。
松下記念病院は、これまで門真市においても市立総合体育館や市民プラザなどで、無料で参加できる市民講座を度々開催してくださっていて、地域住民の皆さまの健康、医療情報の啓発につとめておられます。
今回のオープンホスピタルでは、医療現場の機器もふんだんに用いながら、医師や技師、看護師、薬剤師の先生方の直接ご指導のもと、様々な手術体験などができるという、画期的で興味深い、とっても面白いイベント満載でした‼︎
看護学校の生徒さんの発表コーナーや、健康講座、血管測定、AED体験、食事栄養指導などなど、健康について有意義な情報コーナーも盛りだくさんでした。
病院の隣の介護老人保健施設 はーとぴあ でも、縁日、ゲーム、認知症テストなど、たくさんの役立つ楽しいコーナーが設けられていました。夏休み中の子どもたち、大人たちが多数来場されており、次々と体験しながら各コーナーを廻っていました。
普段は、病院というと楽しく行く場所ではないことが多いですが、今日だけは、医療テーマパーク、と呼んでもいいかなと思うぐらい、ワクワクする楽しい空間に。手術、医療体験をした子どもたちの中から、将来、医学の道をめざす人も出るかもしれません。
門真市駅からもシャトルバスが運行されている松下記念病院は、門真市民の皆さまにとっても親しみ深い近隣総合病院の一つだと思います。地域と連携した、健康増進の啓発活動、医療人材の育成は、地域にとっても心強く、すばらしい取り組みであり、今後も引き続きお願いしたいと思います。
楽しい写真も、撮らせていただきました。ありがとうございました(*^_^*)

2017年8月16日水曜日

【教育】門真市魅力ある教育づくり審議会

本日は、門真市魅力ある教育づくり審議会 が開かれ、傍聴しました。
門真市魅力ある教育づくり審議会 は、学識経験者、市民の代表、市立学校長、教員、合計11名の委員で構成され、門真市教育振興基本計画の理念に基づく教育のあり方について、調査審議をしています。
昨年11月のスタート以来、「つながりのある教育の創造部会」「子どもの学ぶ意欲向上部会」のそれぞれの部会において活発な議論を積み重ねて来られ、第5回目の開会となる本日は、これまでの議論を踏まえて中間答申が取りまとめられました。
門真の子どもたちにとって、より良い教育のあり方とは何か。
それぞれのご経験から、具体的な提言が数多く出されており、本日取りまとめられた中間答申も、丁寧に議論し、文言を幾度も修正しながら完成させたものであり、門真市教育委員会が今後の施策の立案において、充分に活用し、委員の皆さまの情熱と叡智を反映させていくことが求められます。

教育は、社会の根幹である、と考えます。審議会での議論を経て、より良い教育のための施策を展開し、門真市の子どもたちの無限の可能性を、未来に大きく羽ばたかせることができるよう、しっかりと見守ってまいりたいと思います(*^_^*)