2018年2月20日火曜日

【環境】気候変動に関する有識者会合(外務省)末吉竹次郎先生

気候変動に関する外交政策を議論している外務省の有識者会合が、再生可能エネルギーの技術提供や投資を促進するよう求める提言をまとめました。
この有識者会合は、末吉竹次郎先生 (国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問)が座長を務めておられます。
末吉先生は、尼崎信用金庫「あましんグリーンプレミアム」でご縁をいただき、毎年ご講演を拝聴して、勉強させていただいております。

【提言】 気候変動対策で世界を先導する新しいエネルギー外交の推進を
1  再生可能エネルギー外交を推進する
2  エネルギー転換の実現へ、日本の道筋を確立する
3  脱炭素社会の実現をリードし、新たな経済システムを構築する
詳細は外務省のウェブサイトに

河野外務大臣も述べておられる通り「気候変動は大事な人類共通の課題」であり、日本の気候変動外交は、必ずしも評価されているとは言えないのが現状です。この有識者会議において、外交の視点から、客観的に、現状の正確なデータに基づいた検証と議論がなされることは、たいへん意義があると思います。環境問題は、全人類共通の喫緊の最重要課題であり、子ども達の豊かな未来のために、解決していかなければならない。
外務省からも、積極的に広く発信していくとのことですので、ぜひとも前に進めていただき、皆さまにご関心を高めていただきたいと思います。
(写真は、昨年のあましんグリーンプレミアム会場にて撮影)








2018年2月18日日曜日

かどまエコ・アート2018 & 第4回門真エコフェスティバル

本日11時からは、かどまエコ・アート2018 & 第4回門真エコフェスティバル。門真市立リサイクルプラザ エコ・パークにて開催されました。
折しも昨日、地球温暖化が今のペースで進めば、2040年代に世界の平均気温が危険水準「1.5度」上昇に達するとIPCCが警告したと報道があったばかり。
環境問題は全人類共通の喫緊の最重要課題として、待った無しの状況です。
門真エコフェスティバルは、市民の皆さまに、環境を考えるきっかけにしていただきたいという思いでスタートしました。
SDGs(持続可能な17の開発目標)にも環境目標が含まれており、一人ひとりが知識を持って、意識と行動を変えていくことが、子どもたちの未来に豊かな地球環境を残すために必要です。
本日のイベントでは、大学、企業、NPO、シルバー人材センター、その他多くの関係者、関係団体の皆さまのご協力で、環境啓発活動を行いました。
また、今年初の試みで、かどまエコ・アートも同時開催。市内外からアーチストの皆さまが集結し、廃材リサイクルのアート作品でエコ・パークがミュージアムとなりました。
エコトラックも、今年も天然ガス車の展示と、環境クイズ・UFOキャッチャーコーナーを担当しました。
皆さま、おつかれさまでした。(*^_^*)




















二島小学校区 防犯キャンペーン

投稿が前後しましたが、本日午前は、二島小学校 体育館におきまして、防犯キャンペーンが開催されました。
門真市自治連合会、門真市防犯協議会、門真市、門真警察署の共催で、昨秋予定されていたのですが、台風の影響で本日に開催延期となったものです。
門真市消費生活センターの消費生活相談員  鶴木さまより、特殊詐欺についての注意喚起のお話がありました。最近多いのが、「通信販売のトラブル」「架空請求」「新聞契約のトラブル」だそうです。困った時・トラブルにあったときは、188(いやや)にお電話してください。
また、最近増えている「自転車交通事故」については、若者・子どもが加害者になる死亡事故の例もあり、いっそうの注意が必要です。
安心・安全なまちづくりは、地域の皆さまが団結し、関係各団体と協働しながらつくるもの。
本日は、寒い中、たいへん多くの皆さまのご参加、ご協力があり、有意義な防犯キャンペーンとなりました。
関係者の皆さま、おつかれさまでした(*^_^*)




 






みんなでつくる門真の第九 2018

本日夕方からは「みんなでつくる 門真の第九 2018」。
ほんと、すばらしい!
興奮が冷めやらない、文字通り、歓喜の歌でした。
小玉晃先生のご指導のもと、観客席の私達も合唱に一部加わり、「みんなでつくる」門真の第九が完成。フロイデ(喜び)の歌を大合唱です♪
プログラム掲載の、実行委員会の言葉を紹介します。

***
このコンサートは、このまちで暮らす私たちが、門真市民であることを誇りに思えるまちをつくるために、そして、門真市のイメージを高めていくために開催するものです。
一人ひとりが、このまちを愛する心と、このまちを変えていこうとする情熱を持ち寄って「門真の第九」をみんなの手でつくり育てていくことをめざしています。
***

ステージでは、第1部として、門真市立第三中学校コーラス部の美しくみずみずしいコーラスも披露されました。そして、地元パナソニック エコソリューションズ吹奏楽団の力強い躍動感のある演奏も。
全てが一体となって、門真市を音楽であふれる、誇りに思えるまちに育てていることを実感する一日でした。

会場には、「おはよう朝日です」でおなじみの、門真市子育て支援親善大使、川崎美千江さんも来場されていて、久しぶりにごあいさつさせていただきました。記念のラッキーショット撮らせていただきました(*^_^*)






2018年2月15日木曜日

守口門真商工会議所女性会 2月委員会

本日午後は、守口門真商工会議所女性会の2月委員会に出席しました。
日本政策金融公庫 より、事業資金融資等についての情報提供があり、その後、女性会 会員による5分間スピーチがありました。
本日の案件は、まず「門真市女性サポートステーションWESS」からの依頼事項。WESSが企画している、門真市で起業希望している女性のための「わくわく女性起業セミナー」の講師依頼です。
この事業企画は、7ヶ月に渡る連続講座で、門真市で新しい女性起業家をみっちりと育成するもの。商工会議所女性会員が講師として参加することで、自らのレベルアップを図り、成功した起業家モデルとして、しっかりとアピールできる機会ともなるものです。
門真市が、商工会議所とタッグを組んで、女性起業家の輝きを応援し、サポートしているまちであることを内外に知っていただく絶好のチャンスになる企画だと思います。
正式に、決定の運びとなりました折には、ぜひとも有意義なセミナーとなり、新たな輝く女性経営者が生まれ、門真市の産業活性化につながるよう、会員の皆さまと共にしっかりバックアップしてまいります。
また、先日商工会議所で行われた、大商業祭の報告等もありました。当日はお天気にも恵まれ、4000人のお客さまが来場され、女性会ブースの千本引きとバルーンアートも、長蛇の列の大盛況でした。
特に、バルーンアートを子どもさん達に作ってもらう体験コーナーが大好評で、来年も継続したいね、と課題や改善点を話し合いました。
今村孝子会長のもと、2年目に向けて、女性会の活発な活動に、どうぞご期待ください(*^_^*)

かどまエコ・アート

かどまエコ・アートは、今年初めての開催。展示作品は全て、廃材、廃棄物をリサイクルしてつくられています。
門真市内外から、アーチストの皆さまがリサイクルプラザエコパークに集合し、自由奔放、縦横無尽に、世界に二つとない作品を制作されました。
製作過程のメイキング映像も特別公開されています。普段は「ヒミツ」の、作品づくりの方法も、ちょこっと公開されているそうです!
会場には他にも、市内小学校の子ども達が描いた、エコロジーアートコンクール作品(絵画)や、着物生地をリサイクルしてつくられた手芸作品などなど、見応えたっぷりに展示されています。

ぜひご来場賜り、楽しいアート作品群をご観覧ください(*^_^*)


















2018年2月10日土曜日

衆議院議員 木原誠二先生 ご講演

昨日参加した、自民党大阪府連 市町村議連 中央研修会では、「人生100年時代構想と全世代型社会保障制度について」をテーマに、衆議院議員 木原誠二先生のご講演を拝聴しました。以下は講演メモです。

   ***
【人生100年時代】
2007年に産まれた子どもの半数以上が100歳まで生きる、というデータがある。
100年の人生をどう生きるのか、どう働くのか。
これまでの国の制度では対応できていない。新しい、多様な考え方。
【成長戦略】
内部留保をICTと非ICTの投資へと向ける
人づくり革命
生産性革命(ITAI、ロボット)
【全世代型社会保障】
日本の最大のリスクは「少子化」だが、日本の社会保障制度は医療、介護、年金と、高齢者中心。
社会保障全体のうち、家族向け支出は、OECD平均で13%、日本は5%しかない。
家族向けを2兆円増やしていく。消費税からと企業の子ども保険から。
これにより、社会保障制度の安定と、経済成長&女性の進出と、格差是正を目指す。
特に、女性の力、「知恵と工夫と発想とおもてなし」は必要だ。
【具体策】
35歳のすべての子どもの幼稚園・保育園の費用を無償化する。
幼児教育の充実は世界の潮流であり、諸外国で義務教育年齢を引き下げる方向性あり。
02歳児は、低所得家庭のみ無償化。
待機児童解消は、前提。(最優先)
認可外の質の確保や、保育士の確保と処遇など、課題も残る。
【更なる改革】
働き方改革、年金支給開始の柔軟化、勤労者皆保険など、企業経営に影響する制度改革も、今後、人生100年時代に向けて、進めていく必要がある。   
  ***

さて、昨年の敬老の日の厚労省の発表では、全国の100歳以上の高齢者は前年より2132人増えて6万7824人。47年連続で過去最多を更新したそうです。医療の進歩や健康志向のおかげで、10年前の約2倍、20年前の約8倍に増えています。
人口10万人あたり、最も多い県は、島根県で97.54人。大阪府は、ワースト4位で、40.29人です。
その意味では、大阪府の門真市における課題は、まず市民の健康寿命、ということだと思いますが、日本全体の制度設計が、人生100年時代を見据えて考えられ始めていることは頭に置いておかなければなりません。
そして、働き方においても柔軟さをもって改革を進めなければ、従来の「年齢に応じた標準的生き方モデル」にとらわれていると、100年時代に対応しきれません。ますます現役世代、若者世代の負担が相対的に増すようなことになってはならないと考えますし、子どもたちには100年もの長い人生を、ぜひ夢と希望を胸に歩んでほしいと思います。
子どもの頃は、100歳と聞くと、テレビに出るくらいのびっくりさん、だった記憶がありますが、医療の進歩は飛躍的です。
ダーウィンの、変化に最もよく適応した種が生き残る、という言葉も思い出しつつ、政策も社会の変化によく適応しながら、新しいことを進めていく、ということでは同じです。そういうものでないと、残らない。
今回の研修も、たいへん貴重な学びの機会をいただきました。
き感謝申し上げます。