2017年11月20日月曜日

大阪府市議会議長会 議員研修会

本日は、大阪府市議会議長会の議員研修会に参加。講師は、慶応義塾大学大学院教授の岸博幸先生でした。
テーマは「日本経済の展望〜地方活性への鍵」。
現在の景気を、「かなり良くなっている」とした上で、好景気は長く続くことはあり得ず、2020年以降、いわゆるオリ・パラ後はかなり厳しく(悲惨に)なると予想されていました。
働き方改革として、残業短縮と、「同一労働、同一賃金」を強調されていました。
2025年問題、団塊の世代が後期高齢者となる時期までに、社会保障制度の抜本的改革の必要性を述べられました。
「イノベーション(=新しい組み合わせで付加価値を産み出す)」が先生のキーワードで、イノベーションの成功例として、音楽産業に付加価値を生んだAKB48、起業しやすさ日本一を掲げて成果をあげた福岡市などを解説。
イノベーションに長けている、「最も尊敬する企業と経営者」として、守口市の白ハト食品工業株式会社を紹介されました。
社長の理念と従業員の幸せを追求する姿勢、事業展開におけるイノベーションを駆使して成長し続けている、日本の素晴らしい会社と、絶賛されていました。
最後に、大阪について、「ポテンシャルが充分ある、民間の力の強い街。人のクリエイティビティは非常に高い」と分析し、「それなのに、(今の状態は)
もったいない」と評価されました。
本日のお話を聞き、いろいろ感想を持ちましたが、大阪府 門真市としても、持ってるポテンシャルを活かさないのはもったいない、というところは共感です。
町にとって最大の資産は、人 であると思うので、市民力のポテンシャルを引き出して活かしながら、人口減少超高齢化社会に向かう流れの中で、行政の知恵もまた最大限発揮できるよう、市政の各施策のチェック、分析をしっかり行っていきたいと思います。


2017年11月19日日曜日

子ども食堂サミットin大阪

本日午後は、大阪府主催の「子ども食堂サミットin大阪」を聴講。府内に子ども食堂はすでに219箇所。(市町村照会分)
急速なスピードで増えている「子ども食堂」について、有識者、運営者、ユーザー(子どもたち)がそれぞれの立場でご発言され、現場の声がよくわかるサミットでした。

基調講演は、門真市でもお世話になっている大阪府立大学教授 山野則子先生。国の動きと、子どもの貧困の実態、そしてそこから見える実際に子どもにとって必要な仕組み、行政の事業をしっかりと機能させる仕組み作りのご提案を、今回も海外の日本の実例をひきながら解説されました。
門真市においても、山野先生にもご指導いただきながら、新規のモデル事業に取り組んでいますが、それを良い循環を生み出すようにスムーズに支援へと繋げていくことが必要です。
子ども食堂は、門真でも6箇所以上動き出しておられ、市の未来応援ネットワーク事業とも、人の連携で相乗効果を産む部分も少なからずあると思われます。
さらに言えば、プラットフォームとして最重要なのは学校であり、所管する部署同士の連携は言うに及ばず、 今年度より法定化されたスクールソーシャルワーカーを含むチーム連携が、子どもたちにとっての実質的支援の核となるわけで、行政として地道に丁寧に、取り組んでいくことを忘れてはいけません。
本日のサミットでは、にしなりこども食堂さんをはじめ、実際に子ども食堂を運営されている方々のお話も聞くことができ、理解が深まりました。
子どもたちを、明るく楽しく、心豊かに育てていきたいのは、どの市もみな同じ、誰でも当たり前の感覚です。重要なことは、それぞれの立場でできることを把握し、同じ方向を目指して協力していくことだと思いますので、今後も引き続き、地に足をつけてこの課題解決に向け知恵を絞ってまいります。

2017年11月18日土曜日

箕面 「學問の道 時習堂」

本日は、トラック協会女性の会の仲良しメンバーで、箕面滝道を歩きました。瀧安寺におまいりした後、川をはさんで向かい側に建つ時習堂を訪ねました。
『時習堂』というお名前は、『論語』の冒頭部分、「学んで時に之を習う、亦説ばしからずや」から採っておられるそうです。
館内には、松下幸之助翁ほか、多くの著名な経営者の人となりの紹介や、仏教詩人、坂村真民氏の直筆の書や書簡、そして、論語に代表されるたくさんの心の糧となる書物が「箕面文庫」として公開されています。
奥の和室「寺子屋」では、小学生(保護者も同席可)対象の論語塾が実施されていて、ちょうど今日が、今年度の塾の最終開講日ということで、設えが整えられていました。
ここ時習堂は、人間として何が大切かということを、改めて考えることができる貴重な施設です。
館長の、北山顕一先生は、門真納税協会で、人間力養成講座シリーズを開講して、地元企業経営者に毎回素晴らしいご講義を授けてくださっています。また、2015年2月に行われた門真市学校保健研究大会・北河内学校保健研究大会では、門真市学校保健会創立50周年記念講演の講師も務めてくださいました。あの時のお話に感銘を受けた市民の方も多かったと思います。
時習堂での気づきと学びを大切にして、今後の議員活動に積極的に活かしてまいりたいと思います(*^_^*)














 

2017年11月15日水曜日

全国市議会議長会研究フォーラムin姫路

本日は、姫路市にて開催されている全国市議会議長会研究フォーラムに、自民党門真市議団全員で参加いたしました。

最初に明治大学名誉教授の中邨章先生の基調講演を拝聴しました。テーマは、「議会改革の実績と議会力の向上」です。
現在門真市の議会改革協議会においても検討事項に挙がっている「議会基本条例」について、ここ10年間の考察と課題が示されました。議会基本条例は、議会に関する意識、認識を深め、議会内組織の検討改革に寄与する反面、条例を制定しても、形骸化し、真の改革に結びつかないリスクがあり、それが課題であるとのことです。作ったものの、結局形骸化するようでは、やはり良くないので、この点はしっかりと検討してまいりたいと思います。
また、地方議会の政策展望として、電子政府の提言がありました。デジタル5と呼ばれるのは韓国、イスラエル、イギリス、ニュージーランド、エストニア。中でも、スカイプを産んだエストニアではICT化がたいへん進んでいるとのこと。
門真市議会でも、議会改革でICT化をすすめ、タブレットを導入していますが、まだまだ今後、議会におけるICT化による効率化の可能性は拡がると考えられます。
中邨先生はこれからの議員像として、
1 国・首長に立ち向かう議員
2 Look Around 外部志向のつよい議員
3 ICTを駆使できる議員
4 勉強をする議員、族を目指す議員
5 むかしを振り返らない議員
の5つを挙げておられます。
このうち特に、外部にも目を向けること、ICTで効率化をはかれること、そしてよく勉強することなど、私も同意見ですので、さらに努力を重ねてまいりたいと思います。

第2部では、「議会改革をどう進めていくか」をテーマに、パネルディスカッションが行われました。
駒澤大学教授の大山礼子先生は、投票率の低下、議員構成(女性、若者が少ない、職業分布の偏り)の偏りを課題として示されました。
門真市議会では女性議員の割合は、24%で、これは全国の市議会平均(25年度)13.1%よりも、かなり高いです。
日本全国では、まだまだ女性議員が少ない、と言えます。
国民の半分が女性なのですから、13%では少ない、ということです。この点においては、門真市は、より開かれている議会であると考えることができます。
また、東京大学教授の金井利之先生は、議会基本条例、議会改革について、厳しい指摘を次々とされました。議会基本条例の形骸化の危険性、政務活動費は議員に現金をさわらせないようにして、解決すべきであると。
たしかに、他市において政務活動費で数々の問題が発生している現実があるので、制度改革が必要だと思います。
金井先生のご意見の中で、日本では立候補することのリスクが高い、ということから、「結果的には、リスクを負わない世襲・地縁的な家業としての政治屋か、年金生活者か、自営業者しか、あるいは、リスクをものともしない一発屋か、しか立候補できない。極めて不健全である」というご見解がありました。ずいぶんスパッと斬り込んだご指摘ではありますが、なかなか明確かつ厳しい分析だと思います。
また、議員提案の政策条例については否定的なご意見で、予算チェックこそが重要、そこに政策判断も含まれる、と示されました。
同志社大学大学院教授の新川達郎先生は、議会基本条例は「理念」を生かさなければならないこと、議会改革の「検証」を十分に行うべきことを示されました。そして、住民意見聴取の重要性、それもできるだけ広く意見を聞く、と。これは最も重要なことであり、全くその通りだと思います。
そして、もうお一人、姫路市議会議長 川西忠信先生は、姫路市で23年に制定された議会基本条例の具体的な取り組みについて発表されました。姫路市では、反問権を導入し、6年間で2.3回、実際に行使されたとのことです。今後の方策として、本会議や委員会を市民に身近に感じてもらうこと、予算決算審査のあり方の見直しを挙げられ、これは門真市議会にとっても同様の課題があり、やはり地方議会どこでも、難しい問題が共通していると思いました。特に議会を身近に感じてもらうことはなかなか難しい課題です。姫路市では議員47名中、女性は5人。割合は、11%です。門真市は、かなり高いですね。

研究フォーラムは、明日に続きます(*^_^*)


2017年11月13日月曜日

参議院議員 松川るい先生

今夜は、参議院議員 松川るい先生を育てる会 に出席しました。
清和政策研究会 会長の衆議院議員 細田博之先生、自民党大阪府連 会長の衆議院議員 中山泰秀先生も駆けつけられ、たいへん盛況なパーティーでした。
松川るい先生は、ごあいさつの中で、10月の衆院選での自民党議員に対する温かいご支援に、感謝の思いを述べられました。
そして、重点的に取り組む三項目として、
「外交安全保障」
「医療、社会保障、子育て」
「大阪の経済回復」を挙げられました。
松川るい先生には、大阪府選出の参議院議員として、様々な情報をご教示いただき、常に学ばせていただいています。
これからも、共に情報交換し、研鑽を積みながら、門真市、大阪府、日本をより良くすることを目指して、地方議員として精進してまいりたいと思います(*^_^*)

2017年11月12日日曜日

門真市民コンサート

本日午後からは、ルミエールホールにて開催の門真市民コンサートへ。
門真市音楽協会さんが、門真の子ども達の情操教育として、『ヴァイオリン講座』を開講し、子ども達のアンサンブル「ジュニアストリングス」を始動。本日の第一部で、演奏が披露されます。
市民力が産みだす門真の文化。コツコツと時間と情熱をかけて育て、少しずつ花開いていく様子を感じる今日のステージを、楽しみにしていました。

間もなく開演です(*^_^*)







2017年11月6日月曜日

門真三中 創立50周年 記念式典

門真三中 創立50周年記念式典 第2部は、式典が挙行されました。
校長先生の挨拶の中では、やはり合唱についてふれられました。
「一つの目標に向かってまとまり、生徒全員が感動を共有し、結びつくことを目指して取り組み始めた『合唱』も今日まで歌い継がれ、本校の大きな伝統の一つとなっています。」

生徒達が母校と自分達に誇りを持てる、合唱の取り組み、とてもすばらしいと思います。

PTA会長さまも、三中の卒業生ということで、合唱の思い出を「練習を重ねるうちに、声がそろってくる」と、懐かしそうに語っておられました。

生徒会作成のビデオでは、子ども達が生徒会活動の中で、実に多くの役割をこなし、多彩な作業に熱心に取り組んでいる様子がよくわかりました。頼もしいです。

そして、記念講演として、三中の卒業生で、現在、東京大学大学院教授 工学博士の、西林仁昭先生がお祝いのスピーチをされました。

スピーチのテーマは、「一度きりの人生 明るく楽しく悔いなく!」

西林先生は、二島小出身で、二島ジャガーズで野球をし、三中でも野球部で活動されたそうで、生徒たちにとっては身近な先輩です。その後、高校、大学と進学し、現在は東大の研究室で、化学者として世界レベルの研究をしておられる先生です。
子ども達に向けて、とても良い刺激になる、夢にあふれたスピーチでした。

先生の教えの中から、「大事なこと三つ」

1.努力を継続する(継続は力なり)
→今やれることを今やる(目の前のことを全力で)

2.人との出会いを大切にする(一期一会)
→世間は狭い、何処かで助けてもらっている

3.感謝する気持ちを忘れない
→挑戦する機会がある幸せ

そして、最後にノーベル化学賞のPrelog先生の言葉を引用され、
「楽しんで仕事(研究)する!」と教えてくださいました。

身近な先輩が、社会に出て世界的な研究をしている化学者となっておられる、という事実。そして、実際に小中学校の頃から現在までの人生を、言葉で語っていただき、子ども達にエールを送っていただいたということは、子ども達にとって、とても貴重な体験であり、たいへん有意義であったと思います。

西林先生の素晴らしいスピーチで、式典も最後までピシッと決まり、とてもいい記念式典になったと思います。

関係者の皆々様、おつかれさまでした。
創立50周年、誠におめでとうございます。